モデルの表示

3Dでモデルを作成するときは、すべての側面から表示する必要があります。SketchUp では、描画中常に回転、ズーム、パン表示を実行します。

  • オービット:オービットさせると、モデルの周囲、上、下に移動します。ピーターパンがモデルの周りを飛ぶように回転させることができます。
  • ズーム:描画中にズームインすると特定のエリアに焦点を合わせて表示し、ズームアウトするとモデルのより広範な部分を表示します。
  • パン表示:パン表示すると、左、右、上、下に移動します。

ヒント:これらのツールは頻繁に使用するため、SketchUp では 3 ボタンのスクロールホイールマウスを使用して一時的に各ツールに切り替えることができます(マウスのショートカットについては、この記事の後半で説明します)。SketchUp を使用して描画を行うことが多い場合は、3 ボタンのスクロールホイールマウスを使用すると、スクロールホイールを使用しない場合や、1 ボタンのマウスを使用する場合よりも、モデリングが簡単になります。

これらのツールの機能については、次のビデオで概要を確認するか、次のセクションでツールの使用手順の説明をお読みください。

SketchUp には、ナビゲーションツールの他、[カメラ] メニューに複数の標準ビューが用意されています。次の図では、各標準ビュー(上(コールアウト 1)、下(2)、正面(3)、後面(4)、左(5)、右 (6)、アイソメ図(7))でモデルがどのように表示されるかを示しています。

ヒント:標準ビューやナビゲーションツールの高度な機能を使用する場合、SketchUp ではカメラの概念を使用してビューを表します。ビューを切り替えて変更すると、カメラを通して見ているように表示されます。

SketchUp のカメラメニューには、次の図に示すようにモデルの表示方法を変更する 3 つの遠近法オプションがあります。

  • 平行投影:このビューでは、線は 3D 空間と 2D 空間の両方で平行に表示されます。このビューは正投影とも呼ばれています。このビューで印刷すると、線の長さには尺度が設定されます(たとえば、SketchUp で 4' = " 用紙で 1")(コールアウト 1)。
  • 遠近投影:このビューでは、線が地平線に向かって消えるような効果を出すために、モデルを歪めて遠近感を与えます。エンティティは拡大/縮小されません。これは SketchUp の既定のビューです(コールアウト 2)。
  • 2 点の遠近投影:イラストレータは、2 点の遠近投影を使用して3D の建築物やコンセプトアートを描くことがよくあります。SketchUp では、このビューを選択すると、ビューが 2 つの消点を持って遠近投影されるように位置合わせされます(コールアウト 3)。

ヒント:SketchUp では、モデルをウォークスルーし見回すとどのようになるのかシミュレートできます。この手法は、完成モデルを見せるためによく使用されます。特定のビューをシーンとして保存し、アニメーションとすることも可能です。詳細については、あなたのデザインを正確に伝えるを参照してください。ジオメトリを非表示にする方法や、非表示のジオメトリを表示する方法については、ジオメトリをソフトニング/スムージングする方法、非表示にする方法を参照してください。

3D モデルの周囲をオービットする

オービットを使用すると、ジオメトリを外側から表示できます。モデルを中心にカメラを回転させるには、SketchUp のインターフェースの以下のエリアにあるオービットツール()をアクティブにします。

  • メニューバーの [カメラ] > [オービット]
  • カメラツールバー(Microsoft Windows)
  • 基本ツールバー
  • ラージツールセットツールバー
  • ツールパレット(macOS)

ヒント:他のツール([ウォーク] ツールを除く)を使用しているときに、[オービット] ツールを一時的にアクティブにできます。
  • 3 ボタンマウスの場合:スクロールホイールをクリックしたままにします。
  • 1 ボタンマウスの場合:macOS を使用している場合は、Ctrl キーと Command キーを押したまま、マウスの左ボタンをクリックして押したままにします。

[オービット] ツールを使用してオービットするには、次の手順に従います。

  1. [オービット] ツール()を選択するか、O キーを押します。
  2. 描画領域内をクリックします。
  3. ポインタを任意の方向に動かして、描画領域の原点を中心に回転させます。

[オービット] ツールでは、基本的なオービット以外にも裏技をいくつか実行できます。

  • モデルを描画領域の中心に表示するには、描画領域でダブルクリックします。
  • オービットしながらカメラを横に回転させるには、Ctrl キー(Microsoft Windows の場合)または Option キー(macOS の場合)を押したままにします。これにより、[オービット] ツールに組み込まれている重力の感覚が中断され、垂直のエッジが上下方向に向きます。

左右上下にパンする

パン表示すると、SketchUp のカメラ(ビュー)が垂直または水平に移動します。[パン表示] ツール()は次の場所にあります。

  • メニューバーの [カメラ] > [パン表示]
  • カメラツールバー(Microsoft Windows)
  • 基本ツールバー
  • ラージツールセットツールバー
  • ツールパレット(macOS)

ヒント:別のツールを使用している場合は、パン表示ツールに一時的に切り替えます。
  • 3 ボタンのスクロールホイールマウスの場合、スクロールホイールとマウスの左ボタンを押したままにします。
  • 1 ボタンのマウスまたはトラックパッドの場合、Ctrl キー、Command キー、Shift キーを同時に押したままの状態で、マウスボタンを押したままにします。
  • いずれかのマウスで、[オービット] ツールが選択されている場合は Shift キーを押したままにします。

パン表示ツールを使用してパン表示するには、以下の手順で操作します。

  1. [パン表示] ツール()を選択するか、H キーを押します。
  2. 描画領域で、カーソルを任意の方向にクリックしてドラッグします。

ズームインとズームアウト

SketchUp では、他の多くのプログラムと同様に、ズームインして極端にクローズアップしたり、ズームアウトして全体像を表示できます。3D モデルを描画する場合、ズームインするとエッジと面をより正確に位置合わせできます。一方、ズームアウトすると、モデル全体を表示したり、作業するモデルの別の部分を確認するために向きを変えたりすることができます。

SketchUp には、[全体表示]()と [選択範囲をズーム]()という 2 つの特殊なズームツールもあります。これらのツールについては、このセクションの後半で説明します。

[ズーム] ツール()は、SketchUp インタフェースの以下の場所にあります。

  • メニューバーの [カメラ] > [ズーム]
  • カメラツールバー(Microsoft Windows)
  • 基本ツールバー
  • ツールパレット(macOS)

ヒント:線ツールや移動ツールなどの別のツールを使用してズームするには、スクロールホイールマウスが必要です。ズームインするには上にスクロールし、ズームアウトするには下にスクロールします。スクロールしてズームすると、SketchUp はカーソルをズームの中心点として使用します。

ズームインおよびズームアウトするには、次の手順に従ってください。

  1. [ズーム] ツール()を選択するか、Z キーを押します。
  2. クリックして上にドラッグするとズームインし、クリックして下にドラッグするとズームアウトします。[ズーム] ツールでカーソルをドラッグしてズームすると、SketchUp は画面の中心からズームインまたはズームアウトします。

注:ズームする速度は、ジオメトリがズームカーソルから離れている距離によって異なります。ジオメトリが遠くにある場合、SketchUp はすばやくズームします。ジオメトリが比較的ズームカーソルの近くにある場合、ズームするスピードは遅くなります。

モデル全体を描画領域の中心に配置して即座に表示するには、[全体表示] ツール()をクリックするか、Shift + Z キーを押します。[全体表示] は、SketchUp インタフェースの次の場所にあります。

  • メニューバーの [カメラ] > [全体表示]
  • カメラツールバー(Microsoft Windows)
  • 基本ツールバー
  • ラージツールセットツールバー
  • ツールパレット(macOS)

モデルの特定の長方形の部分をズームインするには、[選択範囲をズーム] を使用します。([選択範囲をズーム] は、基本ツールバーを除き、[ズーム] ツールや [全体表示] ツールと同じ場所にあります)。モデルの一部をズームインするには、以下の手順に従ってください。

  1. [選択範囲をズーム] ツール()を選択します。
  2. クリックしてドラッグし、ズームインする領域の周囲にボックスを表示します。マウスボタンを離すと、ボックス内の描画すべてが描画領域いっぱいに表示されます。

視野または焦点距離を変更する

あまり知られていない機能ですが、ズームツールでは視野を変更したり、表示できるモデルの範囲を変更したりすることができます。SketchUp のビューはカメラを通して見るようなものなので、視野を度単位で調整できます。または、カメラのようにミリメートル単位で焦点距離を変更できます。

ヒント:視野の概念に慣れていない場合は、このように考えてみてください。人間の視野は、目の前に約 180 度広がっています。視野を 90 度に狭めると、周辺視野が失われることになります。

視野または焦点距離を調整するには、以下の手順に従ってください。

  1. [ズーム] ツールを選択するか、Z キーを押します。メニューバーの [カメラ] > [視野] を選択することもできます。
  2. それぞれ、角度またはミリメートル単位で値を入力します。例えば、45 度と入力すると視野が 45 度に設定され、35mm と入力すると、35mmカメラに相当する焦点距離が設定されます。または、視野を視覚的に調整するには、Shift キーを押しながらズームツールをドラッグします。

ヒント:広角の視野は、部屋の内部を作業をする際、室内をもっと見たいときに便利です。次の図は、同じ部屋を 2 つの異なる視野で示しています。上の図では、視野は 35 度です。下の図では、視野は 75 度です。

標準ビューの設定

描画ウィンドウを任意の標準ビューに変更するには、[カメラ] > [標準ビュー] を選択し、サブメニューから目的のビューを選択します。[上](コールアウト 1)[下](コールアウト 2)、[前](コールアウト 3)、[戻る](コールアウト 4)、[左](コールアウト 5)、[右](コールアウト 6)、[アイソメ図](コールアウト 7)から選択できます。下図の各例を参照してください。

ヒント:1 クリックで標準ビューを維持できるようにするには、[ビュー] ツールバーを表示します。詳細については、ワークスペースをカスタマイズするを参照してください。

注:アイソメは、アイソメトリック(等角/isometric)の略です。技術図面や機械図面でよく見られる一般的な等角ビューでは、3D オブジェクトが 2D 空間に特定の角度から描画されるため、各描画軸間の角度は 120 度になります。ただし、SketchUp の等角カメラビューは、X 軸、Y 軸、Z 軸に沿って比例的にオブジェクトが表示されるという点で、等角投影とは異なります。SketchUp のアイソメビューでは、標準角度からモデル全体が表示されます。

ヒント:SketchUp の視点を上から下に向かって軸を中心にすばやく揃えるには、描画軸を右クリックし、表示されたメニューから [ビューの位置揃え] を選択します。

前のビューに戻る

SketchUp では、次のビューに移動するときにビューが記憶されます。前のビューに戻るには、[カメラ] > [前に戻る] を選択します。ビューに戻った後、[カメラ] > [次へ] を選択して次のビューに移動できます。

ヒント:[前に戻る] コマンドをすぐに使用できるようにするには、[ラージツールセット] ツールバーまたは [カメラ] ツールバーを表示します(詳細については、ワークスペースをカスタマイズするを参照してください)。[前に戻る] ツールをクリックすると、一度に 1 つずつ前のビューに戻ることができます。